ワイヤレスゲーミングヘッドセット【SteelSeries Arctis 7】を購入。レビュー等々

コードの煩わしさがないワイヤレスのゲーミングヘッドホン、ヘッドセット。

 

前から気にはなっていて、遂にこの度購入してしまいました。

 

躊躇してた理由は、ワイヤレスって”遅延がある”とか、”マイクの音質が最悪”とかいう評判を色んなところで見ていたからです。

 

しかし、今回購入したSteelSeries の Arctis 7 はそんな不安を消し去ってくれるものでした。

 

 

まずはスペック

公式サイトからの引用になりますが、まずはスペックからです。

 

【スピーカードライバー】

ネオディミウムドライバー:40mm

有効範囲:12m、40フィート

ヘッドフォン周波数特性:20~20000Hz

ヘッドフォン感度:98db

ヘッドフォンのインピーダンス:32Ω

ヘッドフォンの全高調波歪み:< 3%

ヘッドフォンの音量コントロール:オンイヤーカップ

【マイク】

マイクロフォン周波数特性:100Hz – 6500Hz

マイクロフォンの特性パターン:双方向

マイクロフォン感度:-48dB

マイクロフォンインピーダンス:2200Ω

マイクロフォンノイズキャンセレーション:有

マイクロフォンの位置:格納式

マイクロフォンミュートトグル:オンイヤーカップ

【接続関連】

コネクターのタイプ:ワイヤレスUSBおよびケーブルアナログオプション、ケーブル接続時シングル3.5mm、4極プラグ

ケーブル長:1.2m, 4ft

ケーブルの材質:ラバー

アダプター:シングル3.5mm、4極プラグ

シェアジャック:有

接続解除可能なケーブル:有

ちなみにパッケージ内容はこんな感じです。▼

(ステッカーも入っていました)

文句のつけようがない一品

使ってみてすぐにこの製品の素晴らしさを実感することができました。

 

ゲームはもちろん音楽もいけちゃう素晴らしい音質

開封後はもちろんFPSで使用しました。

 

冒頭にもある”ワイヤレスは遅延が・・・”ということですが、このヘッドセットは使った見た感じ全く遅延は感じられませんでした。

 

FPSなので遅延があればすぐに気づきますが、全く問題はありませんでした。

 

なによりも定位が素晴らしかったです。足音が分かる分かる。

 

R6S(レインボーシックス シージ)では、上下の音がより分かり易くなったかなという印象です。

 

細かい小さな物音なんかも聞き取ることが出来ます。

 

 

マイク音声のクリアさに驚く

これを買う前までは、私はヘッドホンにUSBマイクという感じでゲームとボイスチャットをしていたので、正直マイクの性能には期待していませんでしたが、

 

ワイヤレスってマイクの音良くないんじゃなかったのか・・・と思うほど非常にクリアでノイズ等も感じられませんでした。

 

使っていたマイクから変えた時は、フレンド等に”あれ?マイク変えた?”と言われ、”うん・・・。やっぱ音悪くなってる?”と聞いたところ、

 

”いや前より音大きいし、聞きやすくなった気がしたから”と言われました。

 

まじか!これいいやんけ!

 

あとでゲームを録画したもので自分の音声を確認してみましたが、全く問題ありませんでした。

 

むしろ確かにクリアな感じもしました。

 

ヘッドセットのマイクはフレキシブルに動くようになっていて、使わない時などは収納することが可能です。▼

 

 

 

 

音のボリューム・バランス調整が便利

ヘッドセットについているボタンですが、ボリュームの調整が出来るのはもちろんで、非常に便利だと思ったのが、

 

ゲームとチャットの音量のバランスを変えることが出来ることです。

 

Discord等のチャットツール側でも音量調節が可能ですが、ヘッドセットのダイヤルひとつで調整できるのは非常に便利です。▼

 

 

 

快適な着け心地とおしゃれなデザイン

私はヘッドホンやイヤホンを選ぶときはもちろん音質を第一に選んでいますが、それともうひとつ重要視しているのが着け心地とデザインです。

 

このヘッドセットはバンドで調整するタイプで、このバンドがスキーゴーグルと同じ素材で作られています。▼

 

 

これによって装着感がとても良いです。

 

頭頂部にあたる部分がバンドになるので、通常のヘッドホンのように頭頂部に当たる部分が一点にならないため、長時間(6時間)つけていても痛みや違和感は感じられませんでした。

 

さらに、イヤーパッドはAirweveなのでしっかりと包み込んでくれるうえに、蒸れにくいです。

 

メガネをかけていても、特に痛みや違和感を感じることはありませんでした。

 

そしてデザインですが、無駄のないシンプルな作りで、バンド部のスチール素材が高級感を出しています。

 

先ほどのバンドですが、こちらは公式サイトからいくつか別デザインのおしゃれなバンドを購入でき、取り換えることが出来ます。

バンドの取り外しは非常に簡単で、洗うことも出来るので

 

他の製品のバンドを少し手を加えてあげればこのヘッドセットに使うことも出来そうです。

 

 

Arcrisシリーズのそれぞれの違い

 

Arcrisは3・5・7と3種類あります。

 

今回購入したのは7で、それぞれの大まかな違いとしては、3はアナログ接続のみ、5はUSBとアナログ、7はUSBとアナログに加えてワイヤレス。

 

音質に関しては同じスピーカードライバーを使用しているため大差はないと思います。

 

ここで気になるのはワイヤレスなのかどうかと、重さでしょうか。

 

ワイヤレスの7は他の2機種に比べて若干重いです。私は以前しようしていたヘッドホンと重量はあまり変わらないため気になりませんが、購入に際し気になる方は一度展示品を確認することをおすすめします。

 

※光物が好きな方は5ですね 笑

 

 

気になる点

購入して良かったと大満足していますが、気になる点もあります。

 

まず一つ目が、マイクの照明です。

 

普段使用しているときは、赤い照明は点灯しませんが、マイクをミュートにすると点灯します。

 

これが結構明るくて、少し目障りに感じます。

 

メガネをかけていると内側のレンズに映り込んだりするので、気が散ります。

 

もう一点は、充電できているのかがわかりにくいことです。

 

これはもしかすると私の購入したものが不良なのかもしれませんが充電している間、なにも点灯したりしないので、どれくらい充電できているのかが分からないという点です。

 

とりあえず充電は出来ているので、そこまで気にしない事にはしていますが・・・。(不良じゃなきゃいいけど・・・)

 

追記:充電中はマイクの部分が赤くゆーっくりと点滅していました。

充電完了すると消えます。

 

どうやら私が気づいていなかっただけだったようです・・・笑

失礼致しました。。。

 

 

まとめ

今回躊躇しながらもこのヘッドセットを購入してよかったです。

 

当分の間はこのヘッドセットを使っていくと思います。(出たばかりなのでどのくらい持つのかも気になりますし)

 

バッテリー持続時間に関しても十分すぎるくらいなので問題ありませんね。

 

7.1chサラウンド機能や、イコライザー設定を行うには別途ソフトウェア”SteelSeries Engine”が必要です。

 

 

ゲームや音楽等々、プリセットすることもできるのでこちらのソフトウェアは購入したら必須ですね。

公式サイトよりDL出来ます。)

 

細かい部分で不満点もありましたが、総評すると現状のゲーミングヘッドセットとして私はほぼ満点だと感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です