どこかで紛失したiPhoneを”iPhoneを探す”で無事救出

現代では無くてはならないものになりつつある、スマホ。それを落としてしまう、紛失してしまうと相当焦りますよね。

 

私も家の中で見当たらないだけでも、”どっかで落としちゃったかも”と焦ってしまうことは良くあります。実際に本当に落としてしまった時もありますし。

 

その時は、落とした場所が分かっていて、そこが飲食店だったのですぐに家から電話をかけたら、店員さんが持っていてくれたので大丈夫でしたが。

 

”スマホがないと何もできない”っていうのも最近では少なくないことだと思います。それだけ重要なアイテムですからね。私もそう思います。

 

 

iPhoneを紛失

という訳で、iPhoneを紛失してしまいました。私ではなく、私の弟です。

 

家に帰ってくるなり、”あれ?携帯どっか置いてなかったっけ?”から始まり、”やべぇ、どこにもないんだけど!落とした!?え、どこだ”と私の場合とは異なり、どこで無くしたのか、その充てもない状態でした。

 

カフェだったりアパレル店だったり、立ち寄った場所にはすべて電話をかけて聞いてみましたが、どこにもない。ということでめちゃくちゃ焦っていました。道に落とした可能性が高いということですからね。

 

こうなったらもう誰かが拾ってくれて、交番に届けてくれてるのを祈るか

 

しかし、一度私も経験しているので、また同じことがあった時に対処できるように”ある方法”を私は学んでいました。

 

 

”iPhoneを探す”で探す

名前の通り”iPhoneを探す”ためのアプリです。

 

iPhoneを探す機能がオンになっているiPhoneであれば、Apple IDとパスワードを入力すれば、どこにあるのかがすぐに分かるものです。ただ探してくれるだけでなくiPhoneをロックしたり、拾った人にメッセージを残したり、iPhoneのデータを削除したりなど、遠隔操作することもできます。

 

iPhoneユーザーは絶対に知っておきたい機能です。

 

 

”iPhoneを探す”をオンにする

この機能をオンにしていないと、探すことは出来ないので、まずはその設定をしておきましょう。

 

ホーム画面の”設定”から”iCloud” →”iPhoneを探す”でオンにします。その下にある項目で”最後の位置情報を送信”というのもオンにしておきましょう。紛失したiPhoneのバッテリーが少ないときにAppleに位置情報を送ってくれます。

 

 

”iPhoneを探す”の主な使い方

それではiPhoneを探すがオンになっているiPhoneを探してみます。まず、アプリがインストールされていない場合はインストールします。

 

アプリを起動したら、Apple IDとパスワードを入力します。ここで入力するのは、紛失したiPhoneで使用しているものです。当たり前のことですが、自分のiPhoneであれば自分のApple IDとパスワード。友達や家族など誰かのiPhoneを探す場合はその人のということです。

 

入力すると、そのApple IDが登録されている端末と、それらの位置情報が表示されます。▼

丸のアイコンの色がグレーになってしまっている端末は、オフラインになってしまっているため位置情報を取得できない状態なので、地図には表示されません。

 

オンラインになっている端末で探したい端末をタップして”アクション”という項目をタップすると、その端末を遠隔操作することが出来ます。▼

 

 

サウンドを再生

指定した端末からサウンドを再生します。

 

例えば、iPhoneのある地点にいるけど見当たらない時などにサウンドを再生して、その音を頼りに探すことができます。また、家の中なんかでも全然見当たらなくなってしまった場合は、これを使うと効果的です。結構大きな音です。

 

(家の中で無くす時って、なにかの下に隠れてたり、脱いだ衣類のポケットに入っていたりですよね。笑)

 

 

紛失モード

この機能をオンにすると、その端末はロックが掛かり、指定したパスワードを入力しない限り使うことができません。さらに、誰かが拾ってくれた場合に、その人にメッセージを残したりすることができます。

 

”紛失モード”をタップしてオンにすると、▼

 

このように、”電話番号””メッセージ”を入力することが出来ます。ここで入力したものが、その端末の画面に表示されるので拾った人などが、対処しやすくなります。

 

ロックされたiPhoneのアンロックのパスワードは現在使っているパスコードでアンロックできます。

 

 

iPhoneを消去

これは本当に最悪の場合、最後の手段です。

落とした端末が、心優しい人に拾われれば、残したメッセージを見てくれて教えてくれたり、交番に届けてくれたりしてくれますが、悪意のある人に拾われたりなどしてしまうと、残念ながら端末が返ってくる可能性がほぼ無くなってしまいます。

 

そんな時は”iPhoneを消去”しましょう。その端末の情報、データをすべて消去します。消去を行った端末ではメッセージを残すことは出来ますが、追跡を行うことが出来なくなってしまうので、自力で手元に戻せる可能性がほぼ無くなります。

 

ですが、個人情報などの漏洩を防ぐことが出来ます。

 

 

まとめ

今回、弟が無くしたiPhoneは見つけることができ、無事に手元に返りました。実際に”iPhoneを探す”を使用して。

 

結局、道端で落としたらしく拾ってくれた、見つけてくれた人がいたらしく、交番にこそ届けてはいなかったですが、ガードレールの柱にビニール袋に入れて結んでありました。落としてから見つけるまで半日も経っていなかったので、その後はそのままだったようですね。

 

今回手間取ったことと言えば、弟がApple IDとして登録したメールアドレスを思い出すのに時間が掛ったことくらいです。笑

これを機にちゃんとメールアドレスを更新してました。

 

スマホに限ったことではありませんが、大事なものはしっかりと管理して、落とさないようにすることが最善ですが、万が一にも落としたり、紛失してしまうことは誰にでもあることなので、そうなったときの対処法は事前に準備しておくことが重要ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です