「メモ」を取ることの大切さを伝えたい

だいぶ前の話になりますが、電車の中で広告を見ながら熱心にメモを取っている、おばあちゃんがいました。

 

その広告は確か料理の広告だったかと思います。

 

あまりに真剣にそして熱心にメモを書いていたので、周囲の注目を集めていました。私もその1人で気になって見ていました。

 

その時ふと思い出しました。

そういえばよく”メモをしなさい”って色んなとこで聞く場面が多いなと。

 

そんな出来事があってから”メモ”に対しての考え方が変わったのと、その大切さについて気づいたんです。

 

 

メモをする習慣づけ

日常生活をする中で、ふと思いついた事や気になったこと物などを思い返してみれば、そういう気になる出来事等が多くあったと思います。

 

ただ、それらの物事の内容に関しては、なかなか思い出せないと思います。ほとんど忘れてしまっていますよね。

 

 

人間は忘れる生き物

忘れてしまうのは、ただ他の人より忘れっぽいんじゃないかとか、そういった事ではありません。人間は忘れる生き物なんです。

 

というのも人間の脳というものは忘れるように出来ているからなんです。

 

関連「人間の脳は忘れるようにできている?!」

 

こちらの参考にさせて頂いた記事にもあるように、

人は記憶したことを、20分後には4割以上忘れ、1日後には7割以上を忘れています。

そういう風に出来ているんです。簡単にいうと頭の中がいっぱいにならないようにですね。

 

なので、なにか強い印象やきっかけがないと、すぐに忘れてしまうわけなんです。ちょっと気になったりした程度のことだと20分後には忘れちゃうってことです。

 

 

形として残す

そこで形に残しておけば、思い出すことは出来ますよね。それが”メモ”です。

 

メモの意味なんかは分かってるよ、って感じですよね。当然です。

 

ですが、ちょっとした事をいちいちメモしている人は少ないんじゃないかと思います。意外とふと思ったことが結構重要だったりするんですけどね。

 

それが例えば、なにか良いアイデアとかだったら忘れてしまっては勿体ないですよね。

 

 

些細なことでもメモする

「あ、新しい商品出てるじゃん!帰ったらちょっと調べてみよ。」とか、なにか気になったりする物事あると、帰ってから落ち着いた時間にちゃんと調べようと思うことがあります。

 

しかし、私も良くあるのですが、帰ってきた頃には気になったこと自体も忘れてしまっていることが多々ありました。

 

好きな事だったり、気になった時は忘れないだろうなんて思っているものですが、時間が経ってしまうと、前述のとおり人は結局綺麗さっぱり忘れてしまっています。

 

なので、思い出すキッカケになりそうな関連した簡単なキーワードみたいなものでもいいので、メモとして残しておくといいです。

 

メモを取ることを習慣としておくといいということです。

 

 

書くだけがメモではない

一言でメモといっても、裏紙やメモ帳などに書いておいたり、スマホのメモアプリ等に書いておくだけがメモではありません。

 

現代はスマホを持っているのが当たり前になっています。

スマホでメモが取れるのは当たり前ですし、写真を撮れるのも当たり前です。

 

そう、写真として画像として残しておくことが簡単にできる時代なんです。

 

これは皆さんも実践済みかと思います。

旅行したら思い出に写真を撮りますよね、食べ物の写真もよく撮りますよね。

 

ちょっと気になったりしたら、写真を撮ることが多いと思います。それもひとつの”メモ”なんです。思い出を残すこともメモのひとつだと思います。

 

なにかネットで買い物したり、チケットを取った時に管理番号みたいなやつを、わざわざ手書きでメモするんじゃなくてスクリーンショットを使ったりしているかと思います。それも立派なメモです。

 

こうして見ると自然とやっていたりするんです。

 

※気になったものを写真として撮るときは、周りに配慮しましょう。

 

 

まとめ

このブログも”気になること、もの”を紹介するのを主にしているので、私はとにかく気になることがあれば、スマホのメモアプリで残すようにしています。

 

そうしておくことで、後からでもこのブログで紹介したいと思ったことを、思い出すことが出来るわけです。

 

繰り返すようですが、なにかの思いつきが大事だったりすることがあるので、どんなに些細なことでもメモに残すことを積極的に行っていれば、自身にとってプラスになることがあると思います。

 

この記事を読んで頂いて、この記事のことを少しでも思い出した時でも構いませんので、メモをどんな形でもいいので取ってみるようにしてみると変わってくるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です