風邪は引き始め出直す。実際にやっていて効果のある方法。

「あれ、なんか熱っぽいかも?」と日中感じた日がありました。

 

私は身体が丈夫とか特別そういう訳ではないのですが、風邪を引いたり、体調を崩したりすることが滅多にありません。

 

なので、自分の体調の変化に気づきやすかったりします。

 

ただ私だけではなく、ほとんどの方は自分の体調の変化、熱っぽいとか怠いなとか、気づく事かと思います。

 

大体そういう時は風邪の引き始めだったりするわけです。

 

”何事も早いうちに”と言ったりしますが、風邪の対処もそのひとつです。

 

風邪の引き始めに対処しておく方が、風邪を引かなくて済む、引いてしまっても軽度で済むなどメリットがあります。

 

もしかしたら私も風邪を滅多に引かないわけではなく、引く前に治してしまっているのかもしれません。

 

その風邪かなと感じたときに実践している方法を紹介したいと思います。

 

※ちなみに風邪を引いてしまっていても効果はあります。

 

 

風邪かも?引き始めにする対処方法

 

まずは、体調に違和感を感じた時、風邪ではないかと感じた時は、その日の間にこれからご紹介する方法を実践してください。

 

風邪の引き始めと感じてから、本格的に症状が出始めるのは意外と早いです。

 

なので、対処方法も早ければ早いほどいいです。

 

水分をよく摂る

水分をとにかく摂るようにしましょう。

 

充分すぎるぐらい摂ってしまって、問題ありません。

 

引き始めの時に気を付けなければならないことが、”菌の繁殖”です。

 

菌が繁殖しやすくなる条件としては、”乾燥すること”があります。

 

なので、喉などをしっかりと水分を摂って、乾燥させないようにしましょう。

 

おすすめな飲み物としては”はちみつレモン”のホットです。

 

喉のケアにも、水分補給にもなり、とにかくおすすめです。

 

関連「朝の腹痛に悩んでいる方に、原因と試してほしいこと」

 

あとは、スポーツドリンクなどの体に水分を吸収しやすい飲み物が効果的です。

 

以前からビタミンCは風邪に効果的、体調管理に最適など、さまざまな意見がありますが、私はそれを支持していて、体調に違和感を覚えたときや、不調なときはとにかくビタミンCを摂るようにしています。

 

ビタミンCの摂り方はさまざまありますが、私の場合は、上述のほっとレモンはもちろんのこと、キレートレモンVitamin Lemonなどで摂ったりしています。

 

ただし、摂りすぎも良くないかと思っているので、1日1本としています。

 

風邪の引き始めとはいっても、すでに菌が発生してしまっているので、予防という面でも重要ですが、喉の乾燥を防ぐのにもマスクは効果的です。

 

ただ注意してほしいのは、風邪の症状が鼻づまりから来る方は、かえって息苦しくなってしまう場合もあるかと思うので、そういった場合は無理してマスクをするのは避けた方がいいかもしれません。

 

その他

体調の変化から食欲がなくなった場合でも、私は少しでも食べるようにしています。

 

体調が良くない時に私が必ず食べているのが、”お茶漬け”です。

 

お茶漬けといっても永谷園のアレです。振りかけてお湯入れるだけの簡単にできるやつですね。

 

私はそれに梅干し長ネギを必ずいれて食べています。

 

あと予防の面になってしまうかもしれないですが、R-1ヨーグルトは効果があると感じているので、毎日飲むようにしています。

 

関連「明治 R1ヨーグルト その効果は? 半年以上飲み続けて感じたこと」

 

 

まとめ

これらが私が体調が悪くなったかなと変化に気づいて、嫌な予感がしたときに行っている方法です。

 

風邪を引いてしまっている場合でも、効果はあるかと思います。

 

ただ、やはり私の場合としてご紹介しているので、個人差はあるかと思います。

 

あと実際に風邪の引き始めでもなんでもなく、気のせいだっただけ、ということもあったかもしれませんが、これらの方法は普段から行っても害のない、問題のないものなので、

 

風邪を引いてしまって苦しむより、とりあえず実践してみて引く前に治してしまったほうが楽だと思って、やるのがいいかと思います。

 

簡単に出来るものばかりだと思うので、ぜひ試してみてください。

 

あ、あと、当たり前のことですが、”睡眠”は十分に取りようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です