簡単にできる【WordPressのドメイン変更】検索順位やSEOの心配ご無用

 

サイトやブログの方向性が変わってきた、テーマを変えた等で、ドメインもそれに関係したものにしたいなぁ~と思ったり、

 

心機一転でドメインを変更してやっていきたいと思うことがあるかと思います。

 

ですが、ドメインにはその使用期間がSEOに少なからず関わっているので、変更するのに躊躇してしまいます。

 

始めたばかりのブログやサイトでは、気にせず作り直して、前のデータを復元してという風に出来るかもしれませんが、長年続けてきて培ってきたものであれば、躊躇するのは当たり前のことです。

 

なので今回、私にもそういうことがこの先ある可能性が高いと思ったので、簡単に、そしてSEO対策等もされているドメインの変更方法を調べて、試験用にドメインを取得して実践してみました。

 

ドメインを変更するサイトのバックアップを取る

まずは、バックアップを取っておきましょう。

 

何事も大事なデータ等を扱う際には、バックアップを取ることは重要です。

 

WordPressのバックアップ方法は、元からツールとしてあるので簡単に行うことが出来ます。

 

管理画面より、

”ツール→エクスポート→「すべてのコンテンツ」を選択→エクスポートファイルをダウンロード”

ファイルの保存場所は分かるところであればどこでも大丈夫です。

 

 

テーマや画像などのバックアップを取る

サーバーにアップロードしたサイトのテーマや画像FTPソフトを使い、バックアップしておきましょう。

※私の使用しているFTPソフト、FFFTPを使った説明となります。

赤線の引いてある”themes” ”uploads”にそれぞれのファイルが入っているので、この2つを自分のPCにダウンロードしておきましょう。

 

 

プラグイン・ヴィジットは画像メモ等を取っておく

プラグインやヴィジットはバックアップデータには含まれないので、ドメイン変更先の新しいサイトでもう一度インストールや設定をし直すようにします。

 

※バックアップを取る方法自体はあるかと思いますが、こちらのほうが簡単だと思います。

というよりやり方を知りません。笑

 

とはいってもメモに書いたり、覚えているのは大変なので”Snipping Tool””スマホで画面を撮影”するなどして、プラグイン・ヴィジットは何を入れていたか、

 

また、どんな設定をしていたのかを残しておくようにしましょう。

 

 

新しいドメインを用意

変更するサイトの下準備が終わったら、新しいドメインの用意をします。

 

ドメインの取得は、新しくサイトやブログを立ち上げるときと同じ要領で問題ありません。

 

WordPressもインストールしておきましょう。

 

変更元のバックアップデータを復元

新しいドメインのサイトの準備が整ったら、バックアップと同じように今度は

”ツール→インポート→WordPress 今すぐインストール→インポーターを実行”

と進みます。

 

そしたら、先ほどバックアップとしてエクスポートしたXMLファイルを選択して、”ファイルをアップロードしてインポート”します。

 

その次に切り替わったページにある、”添付ファイルのインポート”を選択して実行して終われば、無事に移動完了です。

 

 

新しいサイトへのリダイレクト設定

リダイレクトというのは、変更前のサイトのURLにアクセスされたときに新しいサイトへ自動的に移動する設定のことです。

 

この設定は、後で出てきますがGoogle側でもSEO等のために推奨していることなので、設定するようにしましょう。

 

リダイレクトの設定はhtaccessファイルを使ったやり方が多いですが、今回は私がおすすめするエックスサーバーでの簡単な設定方法をご紹介します。



 

エックスサーバーでのリダイレクト設定

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルを開き、”サイト転送設定”で旧ドメインを選択します。

 

そしたら”リダイレクトの追加”をクリックし、枠内に以下のように入力します。

そして右下のリダイレクの追加を押して、完了すれば設定は以上となります。

 

 

Google Seach Consoleでドメイン変更を申請する

ここまでの手順が無事終了すれば、あとはGoogleにドメインが変更したことを申請します。

 

申請することによってGoogle側で検索順位やSEO等への影響を最小限に抑えてくれます。

 

まだ登録が済んでいない場合は、新旧両サイトとも登録しておきましょう。

 

 

Google Search Console

 

ドメイン変更申請手順

まずは、変更元のドメインのサイトのダッシュボードを開いて、右上にある歯車のマークをクリックして設定項目を開きます。

 

項目の中にある”アドレス変更”を選択します。

 

まず、”リストから新しいサイトを選択する”が新しいサイトになっていることを確認します。

 

続いて”301リダイレクトが正常に動作していることを確認する”という項目にチェックが付いていることを確認します。

 

そして”確認方法がまだ残っていることを確認する”にもチェックが入っているかどうか確認します。

 

ここまでの3つは、今までの手順が完了していれば初めからチェックが付いているはずです。

 

※もし3にチェックが付いていない場合は、他の手順を選択できるので自分のやりやすい方法を試してみてください。

 

ここまで確認できればあとは”アドレス変更のリクエストを送信する”で送信をすれば完了となります。

 

 

検索結果等の書き換えが完全に完了するには時間がかかる

実際に検索順位や結果、SEO等の書き換えが完全に完了するには数週間~数か月かかります。

 

それまでは焦らずにいつも通りに新しいサイトを利用していれば大丈夫です。

 

いかがでしたでしょうか?

私がこの方法を実践してみた感想としては、”思ったよりは簡単”でした。

 

これもエックスサーバーとGoogleさんのおかげですね。

 

※今回大変参考になったサイト様です。

「WordPress ドメイン変更|Google Search Consoleの設定でSEOも安心♪」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です