iTunesのバックアップデータをDドライブや外付けHDDに変更する方法

iPhoneユーザーの方だったらiTunesのバックアップ・復元のお手軽さが分かるかと思います。

 

大事なiPhone内の写真やアプリ、その他データを万が一の時に復元できるように、バックアップは重要です。

 

ほとんどのiPhoneユーザーはiTunesを利用したバックアップをしていると思います。

 

ですが、iPhoneのバックアップデータはCドライブというパソコンの内臓ドライブに指定されていて、基本的に保存場所を任意に変えることは出来ないようになってしまっています。

 

バックアップデータはiPhoneのデータをそのままバックアップしたようなものなので、データ容量が大きいんですよね。

 

なので、あっという間にCドライブの容量が無くなってしまうことも少なくありません。

 

そこで今回は、iTunesのバックアップデータをCドライブ以外の場所に変更する方法をご紹介したいと思います。

 

 

シンボリックリンクを使い、任意のファルダに保存する

”シンボリックリンクってなに?”って方がほとんどだと思いますが、シンボリックリンクとはショートカットを作成するようなものです。

 

なのでデータそのものの保存場所を変えるというよりかは、保存場所から任意のフォルダに転送するというのが正解かと思います。

 

まぁ難しい話はともかくとして、具体的にどうやるのかをご説明します。

 

 

変更手順

1:保存したい場所に、新たに保存用フォルダを作る

まず初めに、バックアップデータを新たに保存したい場所にフォルダを作成します。

 

今回は、iPhone_Backupというフォルダを作成したとします。

 

2:元のバックアップフォルダからデータを移動する

これまでのバックアップデータを、1で作成したフォルダに移動します。

 

iTunesの元のバックアップデータの保存先は

Cドライブ→Users→ユーザー名→AppData→Roaming→Apple Computer→MobileSync

の中にあるかと思います。

 

この”MobileSync”のフォルダ内に”BackUp”というフォルダがあるので、それを新しい保存先にカット&ペーストします。

 

ここで気を付けて欲しいのが、コピー&ペーストではなく、カット&ペーストです。

 

AppDataというフォルダが見当たらないかたなのどは、隠しファイルの表示を有効にすることで表示される可能性があります。

 

隠しファイルを表示するには、エクスプローラー(フォルダ表示画面)の表示タブ内にある”隠しファイル”というところをクリックします。

 

 

 

3:シンボリックリンクを作成

そしてここで、シンボリックリンクを”MobileSync”のフォルダに作っていきます。

 

まず、”コマンドプロンプト”を起動します。

コマンドプロンプトがどこにあるか分からない方は、右下にあるwindows10なら”キーボードか音声入力で検索”、10以前なら”プログラムとファイルの検索”のところに

 

”cmd”と入力すれば出てくるかと思います。

起動するときは、右クリック→管理者として実行を選択してください。

 

▲このような画面が出てきたら、最後の行に(この画面の場合owner>の後)以下の文を入力します。

 

mklink /d “C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup” “D:\iphone_BackUp\Backup”

 

ユーザー名D:\iphone_BackUpのところは自分の設定に合わせてください。

 

入力してEnterを押して、”シンボリックリンクが作成されました”と表示されれば無事成功です。

 

 

問題なく作成できているかを確認する

最後にちゃんと作成できているかを確認します。

 

確認方法としては、まず元あったバックアップデータの場所、

Cドライブ→Users→ユーザー名→AppData→Roaming→Apple Computer→MobileSync

内のBackUpフォルダが下記のように矢印のマークが付いているかどうか確認します。

 

それが確認できたら、そのフォルダのある場所(MobileSync内)にテキストドキュメントを作成してみて、実際に新しい保存先にもテキストドキュメントが表示されているかどうかを確認します。

 

うまく表示されていれば、問題なく正常にシンボリックリンクが作成できています。

 

 

まとめ

以上がiTunesのバックアップデータをCドライブ以外に保存する方法となります。

 

ちょっとした手間でCドライブを節約できるので、圧迫してる方がいれば試してみてください。

 

心配な方は、作業の前に他のPCにiPhoneのバックアップを取っておくといいと思います。

 

※今回の方法は「SimpleStock3.1」様の記事を参考にさせて頂きました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です