二日酔い対策、色々試してみて効果があったお酒のアフターケアは?

飲み会、楽しいですよね。

私は大好きです。お酒が好きというよりは飲み会というものが好きなんです。

でもお酒も結構飲む方だと思います 笑

 

お酒に慣れてない方や、苦手な方、弱い方は飲んだ後が結構きつい思いをしてるかと思います。強い人だって飲みすぎた次の日とかは二日酔いに苦しむことだってあります。

 

私はどちらかというと飲むとすぐに赤くなって顔に出ちゃうんですが、気持ち悪くなったり、記憶がなくなったりとかもしたことがなく飲めちゃうので強い方だと思っています。

 

飲んだ翌朝なんかも少し頭が痛くなったりくらいで、軽い二日酔いくらいしか経験したことはないです。

 

そんな私ですが、お酒を飲んだ後に二日酔い対策になるといわれている方法を以前から色々試してきました。

 

そこで今回は、その方法と効果があり今も実践している方法をいくつか紹介したいと思います。

 

 

二日酔いの原因

まずは、対策といえば原因を知ることが大切なので、さらっと二日酔いのメカニズムを見ておきましょう。

 

ということで、Wikipedia様の引用です。

アルコールを摂取すると、体内でアルコールはアルコール脱水素酵素によりアセトアルデヒドに分解される。さらにアセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素により酢酸へと分解され、最終的には水と二酸化炭素に分解されることにより体外へと排出される。

アルコールの中間代謝物質であるこのアセトアルデヒドは毒性が非常に強く、その毒性により引き起こされる症状が二日酔いである。つまり二日酔いの原因はアルコールそのものではなく、代謝過程におけるアセトアルデヒドによって引き起こされると考えられている。

 

アルコールそのものが原因ではなく、アセトアルデヒドっていうのが悪さをするわけですね。

それでもって、お酒の強い弱いに関係ありそうな記述もありました。

二日酔いは主に飲みすぎ、すなわち自身のアルコール分解能力(正確には、アセトアルデヒドの代謝能力)を超えた量の酒を飲むことで起きる。

アセトアルデヒドの代謝酵素であるアセトアルデヒド脱水素酵素は、人種あるいは個人の遺伝的体質により、その代謝能力に差がある。

 

つまり、アセトアルデヒドの代謝能力が高い人は、お酒に強い。そうじゃない人は弱いっていう認識で良さそうです。

 

頭の片隅にでも置いておくといいかもしれませんね。

 

 

試した二日酔い対策と効果

それでは実際に私が試したもののご紹介とその効果についてです。

※私個人の体感した効果なので、そこをご了承ください

 

 

水分を多く摂取する

とにかく水を飲む。

二日酔いは、身体の水分が不足がちになっている状態の症状らしいので、水分を摂るということです。

 

身体に吸収されやすいということで、スポーツドリンクのほうがいいそうです。

 

 

効果のほどはというと、多少は効果ありといった感じですね。

試していた時は、お酒を飲んだ後にスポーツドリンクを500mlペットボトルを飲んでみましたが、いつも通り少し頭痛はありました。

 

 

乳製品・炭水化物を飲む前に摂取

結構よく耳にするやつですね。

ちゃんとこれを意識して実践したときは、飲む前に家系のこってりラーメンを食べました。飲むヨーグルトも飲みました。

 

”よし、準備完了!いざ飲み会へ”

 

 

効果のほどはというと、残念ながら私には効果が感じられませんでした。

 

いつもと変わらず酔ったなぁーという感じでした。

 

 

ウコン

これは、実践したことある人してる人も多いんじゃないでしょうか。

私もウコンは一番最初に飲み会のお供にしてたと思います。

 

ウコンはコンビニとかで栄養ドリンクみたいに売られているやつですが、

 

お酒を飲んだ後に飲むのがいいのか、先に飲むのがいいのか、色々と意見があるようですが、私は後に飲んでいます

 

 

その効果はというと、飲まないよりは飲んだ方がいいかもと思うくらいですね。

 

肝臓の働きが良くなるので、効果はあると思うのですが、私の場合”コレ飲んどけば”という気持ちの面で助けられているほうが大きいと思います。

 

 

迎え酒

二日酔いの症状が現れてから、またお酒を飲むことを迎え酒と言います。

 

この方法は私もあまり知らなかったので、”お酒で二日酔い治るなんて、全世界のお酒好きにとって最高ではないか”と思い、知ってからすぐに実践しました。

 

 

効果はというと、全く効果はありませんでした

 

むしろ逆効果です。迎え酒飲んだあとにさらに頭痛くなりました。

 

どうやら迎え酒って二日酔いの症状を、またお酒を飲むことによって酔って症状を和らげる的な感じらしいです。

 

私はおすすめはしません。

 

 

シメに味噌汁を飲む

飲んだらシメにラーメンが私の中では定番です。

飲んだ後のラーメンは最高です。いつもより一層おいしく感じます。

 

そのシメに味噌汁を飲むというものです。

 

味噌には肝臓の機能を良くしてくれる効果があるそうです。

 

 

さて効果のほどはというと、これは効果ありでした

 

実践したときの次の日は必ずといっていいほど頭痛などの症状はなく、寝起きからスッキリとしていました。

 

シメの味噌汁には、二日酔いに効果があると言われるオルニチンという成分が含まれているしじみを入れた味噌汁を飲むようにしています。

 

手軽に飲めるように、インスタントを飲んでいますが、効果はあります。

 

 

 

まとめ

元々そこまでお酒で失敗したこともないので、実践した方法は少ないかもしれませんが、全く対策しないよりは絶対良かったと思います。

 

お悩みの方がいれば、ぜひ実践してみて欲しいですね。

 

特に今回一番効果があると感じた味噌汁については、具材に豆腐でもアルコールを分解する働きがあるようなので、そちらで試してみるのもいいかもしれません。

 

まだまだ、色々と対策方法がありそうなので、これからも試してみたいと思ったものは、どんどん実践してみようと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です