目が良くなるという方法を3ヵ月程試した結果

痩せる方法、モテる方法、肌が綺麗になる方法とか今となっては、その目的に対して

さまざまな方法がありますよね。

 

そこで私は”目が良くなる方法”を試してみることにしました。

 

その理由としては、シンプルに目が良くなりたいから、という理由と

以前に記事にも書いていた通り、普段から目には気を使っているので興味があったという理由です。

 

”目が良くなる方法”の中から選定

まずは、さまざまある目が良くなる方法の中から、試してみるものを選びました。

 

5分で視力回復トレーニング

テレビで話題になったことがあるらしいこちらの記事で紹介されていたものです。

その方法とは、

①目を強くつぶり10秒上を見る

②目を強くつぶり下・右・左と10秒繰り返す

③指の先端を目で追う運動 (顔は動かさない)

自分で行う場合

∞の字を3回指で描き目で追う

④指を奥から手前へ3回動かして目を追う

 

 

とりあえず1日1回はするよう続けました。

 

遠近体操法

こちらはマメ子さんの記事を参考にさせて頂きました。

PC作業中にふと思ったときにやるようにしていました。大体1日3~4回くらいかな?

近くの点と、遠くの点を決める
(例:近く⇒パソコンの文字、遠く⇒部屋にあるカレンダーの文字)

近くの点を3秒見つめるパッと切り替えて遠くの点を5秒見つめるこれを2.3回繰り返し、長くても3分以内にする

ポイントは、遠くをやや長く見つめることです。

遠くを見た時はピントが合いにくいので、ピントが合うまで見つめます。

遠くのピントの切り替えが速くなると毛様体筋がほぐれてきたと言えます。

 

目が良くなる食べ物

食べ物で改善できるなら楽だな、なんて思って色々調べてみたら、

ビタミンA、B1、B2、Cなどなど・・・。そういった栄養素が含まれているものが

良いそうなんですが、正直普段から食べているものにも含まれていそうだったので

どこ調べても出てきたブルーベリーを食べることを習慣づけていこうと思いました。

 

ブルーベリーは確かに前から目に良いって聞きますよね。

ブルーベリーはコストコで買って、ヨーグルトに混ぜて食べるって感じで

私は食後に、ほぼ毎晩食べてました。(意外とうまい!)

 

こちらの記事▼

”闇風呂”を半年間続けてみた

目の疲れを癒す。毎晩お世話になってるホットアイマスク

こちらは目を良くするというより、目の疲れなんかを癒すという目的で

なんか目に良さそうだなと思い、今まで通り続けてみました。

 

 

3ヵ月実践してみて

3ヵ月を目標にしていたわけではないのですが、3ヵ月ほどたったある日の出来事で

視力の変化が分かったので、とりあえず3ヵ月としました。

 

その出来事とは、

普段コンタクトレンズを使用しているのですが、いつも通り眼科で

処方箋を出してもらうために検診を受けたところ、視力検査で若干前より見えづらくなった気がして度を変えてもらってもう一度検査したんですが、

それでも見えづらくて、もう一回度を変えてもらったら見えるようになりました。

 

あー、また視力下がったんだな(度が上がった)と思ったのですが、その逆だったようで

度を少し下げたら見えやすくなったということでした。

 

つまり、少しですが視力が回復した、良くなったということです。

目が良くなると言われている方法を続けてきたおかげでしょうか。

私はそのおかげだと思いますね。

 

 

まとめ

今回実践してみた結果は少し良くなった程度で、もしかすると検査した時の

目の調子が良かっただけという可能性も否定できませんが、”目が良くなる方法”を続けていたからということも否定できないと思います。

 

少なからずなにかしらの効果はあったと思います。(と信じたいです。)

 

視力を回復させたいとまではいかなくても、現状維持・目を労わるという意味でも実践の価値はあるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です