日米ディズニーランドを見て思ったこと

 

ブログ更新が3日も止まってしまいました。

2日に1回を目安に更新するというのを目標にしていたのですが・・・。

 

なぜ、3日空いてしまったかというと、

久々に東京ディズニーランド、そしてディズニーシー

泊りで行っておりました。

 

久々といっても、3ヵ月ぶりくらいですが、私にとっては久々なのです。

 

実は私、ディズニー大好きなんです。

 

一昨年は、カリフォルニアのディズニーランドに行きました。

 

久々にディズニーに行って海外のディズニーのことを今さらですが、

思い出し、ふと思ったこと・考えたことがあったので、少しお話ししようと思います。

私の覚書きにもなるので。

 

 

 

日米ディズニーランドから見えた習慣・文化などの違い

アトラクションの混み具合から思ったこと

日本のディズニーは、とにかく人気アトラクションの待ち時間が非常に長いですよね。

 

特に、休日なんかでは100分以上待つのが当たり前です。

それでも多くの人が列に並んでいきます。

 

カリフォルニアディズニーにはクリスマスの時期から年末にかけていったのですが、

意外と空いていました。

 

待ち時間の長いアトラクションでも30分~60分程度です。

(スターウォーズのアトラクションは別格でしたが・・・)

 

そこで良く思い返してみると、アトラクションだけでなく買い物や、

食事などをメインに楽しんでいるような方たちが多いと思いました。

 

ディズニーランドって乗り物・アトラクションが全てではないですからね。

私もたくさん行っているから、というのもあるかもしれませんが、

どちらかというと雰囲気などを楽しみに行っています。

 

ディズニー好きの友人と行く時は、あまりアトラクションに乗りませんし。

 

アメリカの方は”待つのが嫌い”ということもあるのかもしれませんが、

非日常である世界を楽しみに行ってる人が多いのだと感じます。

 

こんなこと言うのもディズニー好きとして、どうかとは思いますが、

アトラクションをメインで考えて行くなら、他の遊園地の方がいいと思います。

 

 

 

キャストの雰囲気

ご存知の方がほとんどかと思いますが、キャストとはディズニーで働いている人

のことを言います。

 

”そもそも人種が違うんだから、雰囲気とか違ってあたりまえだろ”

▲もちろんその通りですが、それも含めてです。

 

米ディズニーでのパレードを見てて思いました。

”キャストさんたち、はしゃいでるなぁー”

そう、キャスト同士ですごい盛り上がってるんです。

 

ゲスト(お客さん)を少し忘れているかのように。

 

でも、そのせいかパレード中のゲストの盛り上がり方も

日本のものとは大違いでした。

 

悪く言うわけではありませんが、日本のキャストさんは、米キャストさんと

比べると”仕事”という感じが少し印象に残る部分があります。

 

日本人の”勤勉さ”ですね。

私はもう少しはっちゃけても悪くないと思います。

 

でも、”世界観に忠実”と感じるのは日本ですね。

しっかりと守られているという感じでしょうか、それが

分かります。

 

 

 

利便性

パーク内での利便性に関して言えば、私は米ディズニーの方が上だと感じました。

 

例えば、

ディズニー提携ホテルのカードキーでディズニーリゾート内の決済ができたり、

アトラクションで撮った写真をデータとして携帯でダウンロードできる。(有料)

などという点です。

 

特に2つ目の携帯に写真を保存できるのは、非常に良いサービスだと思います。

 

久々にディズニーに行ったら、アトラクションで撮った写真が公開されている

画面に、なにかエフェクトが加えられていて、スマホやカメラなどで撮るのに

邪魔になるようになっていました。

 

そうじゃなくて、有料でスマホ・携帯に保存できたほうが、よっぽど利用する人が

多く、良いと思います。

 

日本のディズニーはもっともっと使いやすいシステムや工夫等々を、多く入れて

いくと益々良くなると思います。

 

 

 

 

まとめ

 

以前、こちらの記事でも紹介したように、ディズニーランドひとつ見ても

日本人の性格などが良くわかると思います。

 

実際のところ私に合っていると感じるのは、どちらかというと

米ディズニーですね。

 

”ショーやパレード、雰囲気、その空間を楽しみやすい”という点から

米ディズニーのほうが、合っているかなと思います。

 

もちろん日本のディズニーが嫌なわけでも、不満があるわけでもありません。

 

この記事を筆頭に、ディズニー関連の記事もこれから書いていこうと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です