マスクをして寝てみて感じたメリット・デメリット

 

マスクをして寝ると、乾燥が防げて起床時の喉の痛みがなくなる、風邪の予防になる。

など言われていたりしますが、実際はどうなんだろう?

 

と思っている方もいるかもしれません。

 

そこで、寝るときにマスクをしている私が感じた”就寝時のマスク”のメリット・デメリットを

ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

マスク着用の”メリット”

のどが痛くなりにくい

以前は朝起きると季節に関わらず、のどに痛みや違和感を感じることがほとんどでした。

 

しかし、マスクをして寝るようになってからは、のどの痛みを感じることは

少なくなりました。

 

少し違和感を感じることは時よりありますが、すぐになにか水分をとりたいと思うほど

感じることはありません。

 

 

 

風邪の予防

乾燥しにくくなるという点で、風邪の予防にもなると言われていますが、

こちらも実際に効果を実感しています。

 

もともと私は予防には気を使っているのですが、体調を崩してしまい風邪をひく

ことが時々ありました。

 

マスクをして寝るようになってから、風邪を全くひかなくなったと感じていますが、

去年は2度風邪をひきました。

 

しかし、その時の風邪は病原菌が原因の風邪というよりは、連日夜通し起きていたりと

自身の体調管理の問題で熱を出したというのが原因でした。

 

なので風邪の予防に関しても効果アリと言えそうです。

 

 

 

 

マスクをして寝ることの”デメリット”

慣れるまでの”違和感”

私はもともと暑い時期以外の外出時には、必ずと言っていいほどマスクをしています。

 

なので、普段からマスクは着け慣れているのですが、寝るときにマスクをすることを始めた

ころは、違和感を感じました。

 

着けていることに違和感というよりは、呼吸をする時に違和感を覚えました。

 

なので普段から着けることに抵抗を感じている人や、慣れていない人には

身体を休めることの邪魔になるかもしれないので、あまりおすすめできません。

 

 

 

寝ているときに外れてしまう

時々、朝起きるとマスクが外れていることがあります。

 

寝ているときに寝返りをうった体勢によって、呼吸の邪魔になったりして

無意識にずらしてしまっていたり、外れてしまったりすることが

どうしてもあります。

 

 

 

 

就寝用におすすめなマスク

着け心地の良い質感で、肌へのダメージも少ない”シルク素材”

シルク素材のマスクであれば、その質感から着け心地がよく、寝るときにぴったりです。

 

▼こちらのような大判タイプのものであれば、ゆったりと着けることが出来るため、

耳も痛くなりにくいのでおすすめです。

(私も現在使っているものです)

 

 

 

 

ズレる心配もなく、寒い時期には温かい”ネックウォーマータイプ”

ネックウォーマータイプのマスクであれば、ズレる心配も少なく、

乾燥しがちな寒い季節に首元も温めてくれるので、おすすめです。

 

 

 

 

 

まとめ

それぞれ私の感じるメリット・デメリットをお話しさせて頂きましたが、

寝ているときの乾燥にお悩みの方は、手軽に出来て効果的な対策だと言えます。

 

しかし、デメリットでもお話ししたように、慣れていない方などは

無理にマスクをして寝ると、かえって眠りの質を落としてしまうことに

なるので、あまりオススメはできません。

 

そういった人は、”就寝時におすすめ 卓上加湿器”にご紹介させて頂いてるような

加湿器で乾燥を防ぐと良いと思います。

 

※私はマスクも加湿器も使用しております 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です