朝の腹痛に悩んでいる方に、原因と試してほしいこと

 

朝起きて、少し時間が経つと必ず腹痛に悩まされている方。

 

実は、私もつい最近までそのうちの1人でした。

 

ちょうど通勤、通学中の電車内などで腹痛がやってきて、

毎日の悩みの種でした。

 

しかし、現在ではあることに少し気を遣いはじめて、

ほぼ腹痛の悩みは解消されています。

 

今回は、朝に腹痛で悩んでいる方に、その原因試してみてもらいたいこと

ご紹介したいと思います。

 

 

 

朝起きてからの飲み物

冷たい飲み物は避ける

朝起きると、喉が渇いていたりして飲み物を飲む人が多いと思います。

飲み物を飲むこと自体に問題はありません。

 

腹痛に悩む方で、毎朝冷たい飲み物を飲んでいませんか?

 

朝起きてすぐは、お腹が冷えていたりして、胃の働く準備ができていません。

さらに冷たい飲み物を飲んでしまうと、消化不良を引き起こしたりで

結局、下痢や腹痛といった症状を引き起こしやすくなります。

 

私はこれが原因でした。

 

腹痛に悩ませれているときは、毎朝起きてすぐに冷蔵庫にあるオレンジジュースや

お茶を飲んでいました。

 

それを温かい飲み物に変えたところ、徐々に症状が出なくなり、

今ではほとんど腹痛になることがなくなりました。

 

 

カフェインを含むものでお腹を壊すケースも

温かい飲み物で朝飲むものといえば”コーヒー”が挙げられると思います。

温かいお茶も考えられるかと思います。

 

しかし、コーヒーやお茶に含まれるカフェインは胃酸の分泌を促す作用もあるので

朝起きて空きっ腹の状態では、胃酸が出すぎて腹痛になることもあります。

 

 

 

朝おすすめな飲み物

私が実際に朝飲んでいるのが▼こちらです。

 

これをマグカップやティーカップに入れて、お湯で希釈して

飲むだけなので、忙しい朝にもぴったりです。

 

朝の乾いた喉にもレモンがとても効いてくれるので、

私は少し濃い目にして飲んでいます。

 

 

 

昨夜の食べ物が原因

毎朝ではないけど、朝腹痛に悩まさせることが多い方は

昨夜の食べ物が原因かもしれません。

 

私の場合、必ず翌朝腹痛になるのが、

前日の遅い時間にこってりとしたラーメンを食べた場合です。

 

胃がそもそも強い人はなにを食べても大丈夫かもしれませんが、

食べてから寝るまでの間の時間を充分に取れない時は、

あまり消化に良くないものを避けるようにするといいかもしれません。

 

 

 

 

なにをしても腹痛が良くならない場合

今まで挙げてきたことや、なにか思いつくことを改善してみても

全く良くなる気配がない方は、”過敏性腸症候群”という病気の可能性も

考えられます。

 

これは、腸に特に異常などが見られないのに、下痢や便秘、腹痛といった

症状が出るものです。

 

原因としては、日々のストレス肉体的な疲労などがあります。

 

対策として、市販されている整腸剤を服用することから試してみてください。

これで症状が良くなっていくようであれば、普段の生活に気を付けていけば

改善されていくかと思います。

 

あまりに症状がひどい場合は、一度病院で受診してみてください。

 

 

 

 

まとめ

朝、腹痛に悩まされる原因はさまざま考えられますが、

ちょっとしたことに気を遣うだけで、私のように改善するかもしれません。

 

腹痛にお悩みの方は、ぜひ一度今回ご紹介した方法を、

試してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です