意外と簡単!IPhoneのバッテリー交換に挑戦してみた。

 

こんにちは。

私はスマホデビューしてからIPhoneをずっと使い続けています。

現在使っているのはIhone6sです。

 

IPhone4sから使い始めてIPhone5ときて、今は3台目です。

IPhone4は完全に壊れてしまっているため、使用できないのですが、

IPhone5は音楽を聴くためや、目覚まし等に使っています。

 

そんなIPhone5もバッテリーの限界が近づいていたようで

急に電源が切れたりと、不具合は多く出てきました。

 

そこで、今回初めてIPhone5のバッテリーの交換を自分でやってみようと

挑戦してみたら、意外と簡単に出来ました。

 

 

 

 

まずは、必要なモノを揃える

 

バッテリー

iPhone5 交換用PSEバッテリー DIGIFORCE LPB-DIGI5 1440mAh/3.8V

交換するための新しいバッテリーです。

値段を見るとお気づきかと思いますが、とても安いです。

 

つまり、修理に頼んで1万円ほどかかるものが、

自分で交換すれば数千円で済んでしまうのです。

 

 

 

 

精密工具等

Aukru 携帯 修理ツール iPhone 5 6s Plus iPad iPod SONY Samsung 等 スマホ 分解・メンテナンス 精密ドライバー 工具 キット 21セット

普通のドライバーなどでは、回せない特殊なネジや、

ものすごく小さいネジ・部品を取り外したりすることになるので、

専用の精密工具は必須アイテムとなります。

 

ちなみに、ネジはこのくらいの大きさです▼

 

間違いなく床に落としたらなくすので、

外したら入れておくモノを用意しておきましょう。

 

 

 

 

実際にやってみる

 

 

先ほど挙げた2点があれば十分に作業を行うことができます。

必ず作業を行う前にバックアップを取っておきましょう。

 

作業手順については、動画で紹介されているので、

こちらなどを参考にするとスムーズに出来ると思います。

 

(気になるところはその都度動画を止めたりして確認しましょう)

 

 

 

うまくいけばバッテリーの減り具合の違い等が良くわかると思います。

手先が器用な人であれば、10分程で終わってしまうでしょう。

 

ちなみに初めて挑戦した私は30分程で出来ました。

 

公式の修理や、専門店などで頼むと1万円以上かかってしまうバッテリー交換ですが、

自分で出来れば数千円で済むのでいいですね。

 

しかし、やる際はなにがあっても自己責任です。

一度分解してしまうと保証も受けれなくなるので注意が必要です。

 

これらのことをしっかりと理解した上で行うようにしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です